Report ウェディングレポート

Report ウェディングレポート

Wedding Story ウェディングストーリー

コロナ禍でも変わらないゲストとの繋がり

―遠方にお住いのお二人とお打合せがスタートしたのは2021年の春ごろでした。前半の打ち合わせは手紙で書類をお送りし合い、メールで詳細を確認させて頂き、毎日頂く質問のメールをお返しさせて頂く事が私の日課にもなっていました。限られた環境でのお打合せ、衣装やペーパーアイテムはお持ち込み頂き、直接お打合せをさせて頂いていない期間もしっかりと準備進めて頂き、とても嬉しかったです。

初めてお越しいただいた時、カウンセリングをさせて頂いた中で兄弟が多く、姪っ子や甥っ子が多いんです‼と仰って頂きました。当初の予定はお子様は約15名程。とても賑やかな結婚披露宴が目に浮かびます。少しづつお二人の事や家族の事も教えて頂きながら素敵な結婚披露宴に向けてお打合せが進みます。

―何より楽しくて明るいお二人。新郎様はとても優しく楽い事に全力で取り組まれるイメージ。真面目で礼儀正しい印象もあり、楽しむ事にも礼儀正しく、楽しい事も真剣に真面目な印象です。そんな新郎様の横で笑っている姿が印象的な新婦様。笑顔がとても素敵でお打合せが進むにつれて沢山お話を聞かせて頂き、とても嬉しかったです。また、お申し込みの時に新郎様が、「新婦様のやりたいことはしっかり叶えてあげたい」と仰っていたエピソードもとても印象的でした。

―新型コロナウイルス感染症の影響で不安な日々が続く結婚式準備。当初の予定から結婚式に参加が出来なくなったゲストが沢山おられました。結婚式直前、お二人からゲスト欠席の連絡を頂くたびに心が痛くなる思いでしたが、お二人はしっかりと新型コロナウイルスのご時世を理解し、お二人からは悲しむよりゲストへ感謝の気持ちと、コロナで大変だけど楽しもうね!と前向きな気持ちが感じられました。

新型コロナウイルスの影響で披露宴に参加できなかった方との時間も大切に。披露宴が始まる前に披露宴に参加されないゲストの方とお二人の時間を設け、アットホームな雰囲気で披露宴前の時間を過ごしました。披露宴に参加されないゲストの皆様も一目二人の姿が見たい。という想いは一緒です。

―披露宴では家族中心の結婚披露宴ということで、ハルヒウエディング人気の演出フルーツポンチの演出やゲストから最高の余興で披露宴会場が盛り上がります。

―そして披露宴のクライマックスは新郎から新婦へサプライズムービーとピンク色が好きな新婦様にサプライズで花束をプレゼントされました。上映されたムービーには花嫁様が生まれ育った場所に新郎が訪れ、花を一輪一輪集め一つの花束が完成するといったとてもロマンチックなムービーでした。サプライズムービーは新婦様と一緒に見ます!!と仰っていた新郎様。ムービーが上映されている時、とても嬉しそうな新郎様の表情が印象的です♪

―新型コロナウイルスの影響で不安な日々が続く中での結婚式の準備、当日お越しいただくゲストの表情を思い浮かべお二人と一緒に打ち合わせを進めさせて頂きました。結婚式直前のゲストの欠席に「しょうがないね」という言葉も何度も飛び交いましたが、コロナ禍での結婚式はマイナスな事ばかりではなく、プラスな事も多いと気づかされたお二人の結婚式。

大切なゲストとの繋がりは結婚式にお越しいただく事が出来なかったとしても、変わることはなく、むしろ繋がりが強くなっている様にも感じます。二人を心からお祝いしたい!という気持ちはコロナ禍であっても変わることなく今の時代だからこそ様々な方法で繋がることも出来、素晴らしい1日を迎えることが出来たのは、ゲストの皆様とどんな時も感謝の気持ちを持ちながら結婚式の準備を進めてこられたお二人の人柄だと思います。

結婚式を迎えられ時間がたった今でもメッセージをお送りさせて頂くと、結婚式の日のお話になり「結婚式をして良かったな♪と思います」と仰って下さることが本当に嬉しいです。この度はありがとうございました。

 

120%の想いが詰まったウェディング

ウェディングレポート一覧

【家族婚】感謝の気持ちを伝える日

過去のレポート

120%の想いが詰まったウェディング

ウェディングレポート一覧

【家族婚】感謝の気持ちを伝える日

Style 結婚式スタイル